記事詳細

沖縄・名護市長選が告示 2月4日投開票

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先である名護市辺野古を抱える名護市長選が28日告示され、いずれも無所属で3選を目指す現職、稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=と、元名護市議の新人、渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)=自民、公明、維新推薦=の一騎打ちとなった。2月4日に投票、即日開票される。

 基地移設問題が最大の争点で、年始から相次ぐ米軍機のトラブルが選挙戦に影を落としそうだ。加えて、反対運動の激化で遅れた地域発展も問われる。

 稲嶺氏の出発式で、翁長雄志知事は「沖縄経済の阻害要因である米軍基地が名護に来たら沖縄全体が壊される」と叫んだ。

 ただ、稲嶺市政は政府に背を向け続け、市が本来、手にすべき米軍再編交付金約135億円を失っている。

 渡具知氏の出発式で、自民党の三原じゅん子参院議員は「停滞した8年間に終わりを告げる時が来た」と訴えた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう