記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】安倍政権「安定」評価も、長引くほど進む内部腐敗…慢心は禁物だ (1/2ページ)

 安倍晋三首相が在職日数を伸ばしている。戦後の首相では佐藤栄作さん、吉田茂さんに続く3位だ。安倍政権批判に躍起になるメディアは多いけど、ボクとしてはもっと評価してあげていいと思うんだけどね。

 実際、安倍首相はよくやっている。少なくともボクはそう思うね。第2次内閣発足から5年、経済がガタガタだった民主党政権時代のあの状態と比べれば株価も上がって雇用も改善している。そもそも経済が上向いたからこそ、国民の信頼を集めて昨年の解散総選挙でも勝利できたわけだからね。

 外交にも積極的で、諸外国の首脳と信頼関係を着実に築いてきた。かつてのような短期政権だとこうはいかないよ。

 野党やメディアから批判を浴びるのは宿命ともいえるけど、その中身はというと発言の揚げ足取りや、昨年の「森友学園」「加計(かけ)学園」問題といったものばかりだった。

 野党は大問題かのように騒いだけど、結局支持を集められなかった。これは何でもかんでも反対・批判さえしていれば存在感が発揮できる時代ではないということだ。SNSの普及で、メディアが発信する情報に対してさまざまな意見を言い合えるようになったのも大きいだろうね。

 通常国会もスタートしたんだ。今年の国会では憲法改正も含め、ぜひ建設的な議論が繰り広げられることを期待したいね。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう