記事詳細

日本には111の活火山存在 これから心配な山はどこか (1/2ページ)

 「今回の噴火は“序章”にすぎないといえるでしょう。東日本の火山はこれから大規模な活動期に入っていくと考えられます」--高橋学・立命館大学環太平洋文明研究センター教授は1月23日に起きた草津白根山の噴火を受け、そう語った。

 「2011年の東日本大震災以降、太平洋プレートが日本列島の東側(北米プレート)の下に潜り込んでいくスピードが上がっています。東から西へ年間約10cmずつ動いていましたが、震災後は30~40cmも動くようになった。プレートは地下深くでマグマに変わるため、東日本の地下ではマグマの生成が活発化しているのです」(高橋氏)

 草津白根山は、その地下でマグマ生成が活発化している北米プレートの上に位置する。

 「同じ北米プレート上という点でいえば、ここ数年、ロシアの千島列島からカムチャツカ半島にかけてそびえる5つの火山が相次いで噴火している。半島中央に位置するベズイミアニ火山では昨年12月20日、噴煙が1万5000mに達する大噴火が起きた。

 日本の研究者もメディアも、同じプレート上にある近隣諸国の火山活動データを軽視した結果、草津白根山の危険性を周知できなかったという側面もあるのではないか」(同前)

 近年のこうした火山活動は“予兆”に過ぎない可能性もあるという。

 「今後、北海道から東北にかけて大規模な噴火が続くリスクが高まっており、『活動期』は50年にも及ぶ可能性があります」(同前)

 ◆有珠山、蔵王山、日光白根山……

 具体的にはどの火山の噴火リスクを警戒すべきなのか。高橋氏がまず挙げたのは有珠山だ。

 「カムチャツカの火山群が北から順に噴火していることから有珠山をはじめ、十勝岳や雌阿寒岳など北海道の火山は注意が必要です。過去、大噴火は記録されていませんが、これは松前藩の統治以前の記録がはっきりしていないという理由からだと考えられています」

 北米プレート上に位置する東北地方も警戒が必要だと高橋氏は指摘する。噴火した際のリスクが大きいと考えられるのは十和田山、蔵王山だという。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース