記事詳細

北九州市で猛毒「シアン化ナトリウム」1キロ紛失 致死量5千人分

 北九州市は31日、化学品専門商社「コタベ」(山口県下関市)の小倉営業所(北九州市小倉北区)の倉庫から、猛毒のシアン化ナトリウムの粉末1キロが紛失したと発表した。市は成人約5千人分の致死量に相当するとしており、福岡県警小倉北署が窃盗の疑いもあるとみて捜査している。

 市によると、コタベ小倉営業所から同日、シアン化ナトリウムが入った500グラム入り容器の数を数えたところ2本足りなかったと届けがあった。

 同社によると、31日午前10時ごろに紛失が発覚。探しても見つからなかったため夕方ごろに警察に届け出た。30日の段階では紛失していなかったという。

 シアン化ナトリウムは、電子部品の金メッキの添加剤用で、取引先に卸す商品だった。危険性が高いため、管理を厳重にし、シャッター付きの倉庫内で二重に施錠していた。営業所の従業員13人のうち、10人前後が倉庫に立ち入ることができたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう