記事詳細

舛添要一氏「私は『文春砲』を絶対に許さない」

 有名人の不倫スキャンダルを数々報じた『週刊文春』が逆風に立たされている。きっかけとなったのは、音楽プロデューサー、小室哲哉の不倫報道だった。報道後、本人が電撃引退を発表したことで、これまでは文春の不倫スクープを持ち上げた世間の風向きが一変。「不倫は他人が糾弾すべきことか」「優れた才能がまた一つ消された」「他にも暴くことあるだろ!」。読者だけでなく、芸能界や著名人からも厳しい声が上がり、炎上した。

 当の文春側は、トークイベントに出演した同誌編集長が「不倫摘発雑誌のようにとらえられるのは切ない」「こちら側の意図するものと、伝わり方に大きなギャップが出ている。予想できなかった」などと苦しい胸の内を明かしたが、ネット上では今も文春叩きが鳴り止まない。スクープ連発で話題を集めた「文春砲」はなぜ批判の的になったのか。

 2016年、その文春砲の餌食となり、後に東京都知事を辞任した舛添要一氏は、オピニオンサイトiRONNAに手記を寄せ、「不倫疑惑を報じる週刊誌などはパパラッチと同じ。読者の好奇心を刺激して金もうけをたくらんでいるだけの話である」などと痛烈に批判。また、心理学者の藤井靖氏は「なぜ日本人は芸能スキャンダルが好きなのか」という視点で“文春逆炎上”の深層を読み解く。他にも、女性文化史研究家の佐伯順子氏や芸能ジャーナリスト、佐々木博之氏も論考を寄せ、文春バッシッングの背景を鋭く考察した。

 詳しくはiRONNA最新テーマ《「文春砲」が許せない》でお届けする。

主な記事は以下の通り。

誰がなんと言おうと、私は「文春砲」が許せない(前東京都知事・舛添要一)

『週刊文春』が完全に悪者扱いされるのは残念です(芸能ジャーナリスト・佐々木博之)

「不倫は社会悪」自分を良識派とみなす週刊誌と読者の薄っぺらさ(同志社大大学院教授・佐伯順子)

芸能ゴシップ好き日本人にみる「文春逆炎上」の正体(明星大心理学部准教授・藤井靖)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう