記事詳細

藤井五段 中学生初 最年少タイトル「可能性は十分」 青野九段が太鼓判

 将棋の第76期名人戦順位戦C級2組9回戦に勝利し、初の中学生五段となった藤井聡太新五段(15)。最年少プロの藤井新五段は今後、さまざまな記録を更新する可能性を秘めている。最も期待のかかる最年少でのタイトル奪取も「可能性は十分」との見方が浮上している。

 「1年間、順位戦で昇級を目指して戦ってきたので、とてもうれしい。昇段して良かった」

 1日、梶浦宏孝四段(22)を破り、9連勝で同1組へ昇級した藤井新五段は語った。

 日本将棋連盟によると、C級1組に昇級、五段昇段した最年少記録は現在の制度と異なるが、加藤一二三・九段(78)が1955年4月1日に樹立した15歳3カ月。当時は年度初めが昇級・昇段日で、加藤九段は中学卒業後の記録達成だった。

 本紙で「勝負師たちの系譜」を連載(7面)している青野照市九段は「中学生で五段になること自体がすごい。同じく中学生でプロになった谷川浩司九段、羽生善治棋聖=竜王、渡辺明棋王も1期では五段になっていない」と称える。

 藤井新五段は第11回朝日杯将棋オープン戦で準決勝進出を決めており、優勝すると、規定により六段に昇段する。さらに今年度の記録部門で、対局数、勝利数、勝率、連勝の四冠を独占中だ。

 青野九段は「今までの記録をどんどん抜いていくような気がする。一番注目したいのは、屋敷伸之九段が持つ史上最年少でのタイトル獲得(18歳6カ月)の更新だ。タイトルを取るのは簡単なことではないが、十分更新する可能性はあるだろう」と話した。