記事詳細

名護市長に政権支援新人が当選 辺野古反対の現職敗れる

 沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設が最大の争点となった名護市長選は4日投開票の結果、移設を進める安倍政権が支援した元名護市議の無所属新人渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=が、反対を訴えた無所属現職稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=を破り初当選した。

 稲嶺氏は前回2014年市長選で対立候補に4100票余りの差をつけて当選したが、今回は約3500票差で敗れた。投票率は76・92%で、前回を0・21ポイント上回った。 安倍政権は、支援した新人が当選したことで移設に賛同する民意が示されたとして、昨年4月に着手した辺野古沿岸部の護岸埋め立て工事を加速させる方針だ。

 移設反対を掲げる翁長雄志知事が全面支援した稲嶺氏の敗北で、翁長氏の求心力低下は避けられず、12月に任期満了を迎える知事選に影響しそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう