記事詳細

元皇族が離婚した場合、姓はどうなる?など素朴な疑問集 (1/3ページ)

 両陛下が慈しまれてこられた初孫の眞子さまは、優しくて聡明で、皇族としての活動にも熱心で、誰にも愛される人柄だ。そんな眞子さまは小室圭さんと3月4日に結納をし、11月4日に結婚式を挙げることとなっている。

 しかし、小室家は果たして眞子さまが嫁ぐ家としてふさわしいのかという声も挙がっている。1月23日、『週刊女性』が「眞子さま義母が養っていた“彫金師の恋人”」と題した記事を掲載。小室さんの父・敏勝さんが2002年に自殺した後、小室さんの母・佳代さんが、アクセサリーなどに装飾を施す男性Aさんと2007年頃まで交際し、Aさんの生活が苦しくなると、自宅マンションにて住まわせていた時期もあったと伝えた。

 続いて25日、『週刊文春』と『週刊新潮』が、佳代さんの「借金問題」を報じた。佳代さんが、Aさんの後に交際した外資系商社マンのBさんに400万円以上の援助を受けたというものです。Bさんとは婚約もしていたが、その後、婚約を破棄。後にBさんが返金を求めると、“贈与を受けたものだ”と佳代さんは主張したという。

 皇族の慶事は、直近だと高円宮家の次女・典子さまが、出雲大社の千家国麿さんと結婚した2014年。内親王に限ると、紀宮さま(黒田清子さん)と黒田慶樹さんの2005年の結婚にまで遡る。

 お相手選びには、事前に慎重な下調べが行われていてもよさそうなものだが、今回の場合はどうだったのだろうか。

 「皇族男子の結婚については皇室典範で《皇室会議の議を経ることを要する》と規定されているため、結婚を認めるかどうかの判断をくだすためにお相手の経歴や家族構成などの資料が必要となります。

 しかし、内親王、女王の場合、国がかかわる会議はなく、あくまで“私的なこと”という扱いです。事前チェックの有無や内容は、一概にいえません」(皇室ジャーナリストの山下晋司氏)

 ある程度は、小室さんから口頭での聞き取りが行われていたらしいが、借金やトラブルや母親の交際にまで話題が及んだとは考えにくい。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース