記事詳細

京大が2010年にも入試ミスか 予備校講師が指摘、答案用紙破棄で合否再判定できず

 京都大の入試出題ミスを受け、京都市の大手予備校講師、石川正明さん(68)が5日、2010年の京大一般入試の化学でも出題ミスがあったと指摘した。京大によると、答案用紙の保存期間が過ぎており、破棄したため、合否の再判定はできないとしている。

 京大は内部調査の結果、「合格発表前に外部から指摘があったので(採点は)配慮をしていたと思われる」として、関係者への聞き取りを進めることにしている。

 指摘されているのは、水溶液に関する問題。4つの選択肢から1つ選んで解答するよう指示されているが、4つの中に正解はなかった。

 石川さんは長年、予備校が出す京大の入試解答速報を担当。当時も出版物で指摘していた。

 京大の昨年2月の一般入試出題ミスについては「氷山の一角。これを契機に、全ての大学がすぐに解答例を公表すれば受験生が救われるのではないか」と話している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう