記事詳細

新たに「慶弔費」107万円公表、希望・玉木代表「潔白」示せず 茂木氏には辞職促すも自身は続投の意向 (1/2ページ)

 希望の党の玉木雄一郎代表に、新たな「慶弔費の支出」が判明した。6日の記者会見で、代表を務める政党支部が、2014年~16年に212件、計107万5000円も計上していたことを明らかにした。質問を受けて公表したもので、夕刊フジのスクープから4日後の会見と合わせて、説明責任の点で疑問符がつく。いずれも、政党支部として秘書が香典を持参し、違法ではないというが、有権者は信用するのか。

 「葬儀などに関わる支出は、与野党の別なく指摘がある。真摯(しんし)に受け止めたい」

 玉木氏は会見で、こう述べた。同氏によると、14年以降の支出も、本紙が指摘した10~12年と同様に「政党支部の活動」で、内訳は、14年=109件55万円▽15年=59件30万円▽16年=44件22万5000円という。

 ただ、自ら公表したのではなく、約30分にわたる会見の終盤、質問に答えるかたちで、やっと明らかにした。

 公選法は、政党支部でも「政治家や候補者の名前が類推される方法」による寄付を禁じている。

 玉木氏は「リーガルチェックを受けながら、香典袋や受付で議員名を書かないなど最大限の必要な対応はやってきた」と強調する一方、次のように続けた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース