記事詳細

額賀自民会長、退任表明へ 後任会長に竹下党総務会長

 自民党額賀派(平成研究会)は8日昼、定例会合を東京都内で開催。会長の額賀福志郎元財務相は、参院側が退任を求めていることを踏まえ、進退に関する見解を示すとみられる。参院側は欠席し、別の会合を開催する見通しだ。

 額賀派は額賀氏が退いた場合、後任会長に副会長の竹下亘党総務会長を充てる方向で調整に入っている。9月の自民党総裁選を控え、早期の事態収拾に期待する意見が強い。額賀氏は7日夜の派内ヒアリング後、記者団に「今後のことは私に一任されている」と説明した。

 額賀派では、吉田博美党参院幹事長ら参院側が「額賀氏は派閥領袖として何も仕事をしていない」などと批判し、退会届を用意して会長交代を要求している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう