記事詳細

混乱続く希望「分党協議」 古川幹事長は党内融和優先の姿勢

 希望の党の混乱が続いている。玉木雄一郎代表は、松沢成文参院議員団代表ら党創設メンバーとの分党協議に応じる姿勢を示してきたが、古川元久幹事長が協議に応じない可能性を示唆したのだ。

 「今は状況が異なる。通常国会に入り論戦を挑んでいる状況だ」

 古川氏は7日の役員会後、記者団にこう語り、分党協議より党内融和を優先する姿勢を示した。

 役員会では、松沢氏が安全保障や憲法に関する見解の違いを理由に、執行部側との「分党」を提案。執行部は古川氏に対応を一任した。

 松沢氏は「早く協議を進めてほしい」と強調。党創設者の小池百合子都知事は「様子を見守りたい」と語っているという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう