記事詳細

希望の党・大串氏ら左派が分党議論 執行部は認めない方針

 希望の党の大串博志衆院議員は8日、東京都内のホテルで、同党の山井和則衆院議員ら昨年11月の共同代表選で自身を支援した左派・リベラル系の議員らと会い、合意の上で党を分割する「分党」を含めた党の在り方をめぐり議論した。

 民進党の大塚耕平代表が同席した。大塚氏は記者会見で会合に関し「元は仲間だ。『来年の参院選にプラスになるよう、希望の中で意思疎通を図ってほしい』と申し上げた」と説明した。

 大串氏は1月に分党を求めたのに対し、希望執行部は大串氏らの分党は認めない方針だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう