記事詳細

米軍機の事故続発は半島有事前触れか 過酷訓練の影響も? 米副大統領「北に最大限の圧力」 (1/3ページ)

 第23回冬季五輪平昌(ピョンチャン)大会は9日午後8時(日本時間同)から、開会式が行われる。アジアで3度目の冬季大会で、過去最多の92カ国・地域、2900人超の選手が参加するが、北朝鮮が「核・ミサイル開発」を強行するなか、政治色が前面に出る「異例の五輪」となっている。マイク・ペンス米副大統領は8日夜、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とソウルの大統領府で会談。「従北」の文氏が「南北融和」を強調したのに対し、ペンス氏は「北朝鮮に最大限の圧力を加える」と通告した。安倍晋三首相も9日、訪韓し、「日米韓連携の重要性」を訴える。ペンス氏の言葉通り、米軍は「朝鮮半島有事」に備えて、過酷な訓練を重ねている。 

 文氏「この機会(=平昌五輪)を最大限に活用して、北朝鮮の非核化と、朝鮮半島に平和を定着させるための対話の場に導くために、努力したい」

 ペンス氏「北朝鮮が『核・ミサイル開発』の野望を放棄するまで、米国は引き続き韓国と協力して最大限の圧力を継続する」

 にこやかな文氏と、どことなく笑みを抑えたペンス氏。会談冒頭の握手で、2人の表情からうかがえた温度差は、その後の会談で「対話重視」と「圧力重視」という姿勢で明確になった。

 ペンス氏の「引き続き韓国と協力して~」という言葉は、「従北」の文氏に対し、「裏切るなよ」とクギを刺したといえる。

 韓国大統領府によると、両氏は、北朝鮮を非核化に向けた対話の場に引き出すため、最大限の制裁と圧力をかけていく方針では一致したという。五輪期間中は延期している米韓合同軍事演習の実施についても、意見交換したとみられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース