記事詳細

「平壌五輪」批判ラップがYouTubeで人気爆発 従北・文政権を揶揄 「ここは北韓なのか、南韓なのか 全世界が嗤ってる」 (1/2ページ)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪で鮮明となった韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の「従北姿勢」を痛烈批判するラップ調の歌が1月に動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開され、驚異的な再生数を記録している。公正な社会の実現をうたいながら、北朝鮮を優先する文政権に対して、韓国の若年層が怒り始めていることの表れといえる。

 ♪ここは北韓なのか、南韓なのか 全世界が嗤(わら)ってる「平壌(ピョンヤン)オリンピック」 オレは嫌いだ

 ♪オリンピックを使って堂々と朝貢してる わが国の選手より北朝鮮の野郎たちが優先なのか

 ♪一体どうして北朝鮮に気を遣っているのか 金正恩(キム・ジョンウン)のブタ野郎に気を遣っているからだ

 1月26日にユーチューブにアップされた「平昌に想う」という意味のタイトルの曲は、文政権を揶揄(やゆ)する内容に満ちている。

 17日現在で再生回数が152万回を超える人気ぶりだが、投稿者は「Boy Bugs(虫少年)」と名乗り、実名は公表していない。

 それだけ、曲の文政権批判は強烈だ。

 曲には「公正さと希望のようなものはお前たちにない」という歌詞がある。文大統領が掲げてきた「公正」のありようを全面否定している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース