記事詳細

【スクープ最前線】米、退避命令出さず3月に『電撃的奇襲攻撃』「裏切り者」韓国には一切通知せず (1/3ページ)

 韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪は、日本人選手の活躍が続いているが、朝鮮半島の緊張は高まったままだ。北朝鮮の「微笑み外交」によって、「従北」の文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国は、自由民主陣営からの離脱に傾いた。こうしたなか、ドナルド・トランプ米大統領は、「狂気の独裁者」が核ミサイルを握り、「世界に核兵器と恐怖が拡散する危機」を阻止する覚悟を固めたという。ジャーナリストの加賀孝英氏が、最新情報「電撃的奇襲攻撃」に迫った。

 冷静にお読みいただきたい。以下の驚愕情報が流れて、各国情報関係者が緊張している。

 《金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる『ならず者国家』北朝鮮は、国際社会が求めた『核・ミサイル開発』の完全放棄を拒否した。米国は、これを放置すれば、テロリストなどに核兵器が拡散し、世界は破滅的危機に突入すると判断した》

 《トランプ氏は、平昌五輪・パラリンピックが閉幕する3月18日以降、北朝鮮に対する『予防的先制攻撃のXデー』の設定検討に入る予定だったが、それを修正した》

 《米軍に以下の厳命が下された。『3月中旬以降、大統領のゴーサインが出れば、すぐさま出動せよ。北朝鮮への電撃的奇襲攻撃に入れ』。米軍は24時間出動できる臨戦態勢の準備に入った》

 米国や韓国のメディアは最近、北朝鮮への先制攻撃「ブラッディ・ノーズ(鼻血)作戦」について報じているが、これと「電撃的奇襲攻撃」は違うのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう