記事詳細

1日の残業が「45時間」!? うそデータまた噴出 大失態で「厚労省解体論」まで急浮上 (1/3ページ)

 厚労省の失態が止まらない。裁量労働制をめぐるデータ処理問題で21日、1日の残業時間を「45時間」と記すなど、新たな“不適切データ”が少なくとも117件見つかったのだ。加藤勝信厚労相が国会で「無くなった」と答弁していた調査原票も、同省の地下室で見つかったという。中央省庁として異常というしかない。野党側は、22日午後の衆院予算委員会の集中審議で、加藤氏らの責任を含めて徹底追及する。旧厚生省時代を含めて、同省は数々の事件や不祥事を起こしてきた。今回の大失態で、2001年の省庁再編の弊害が顕在化したという声もあり、「厚労省解体・労働省復活論」まで急浮上してきた。

 一体、厚労省はどうなっているのか。同省は21日に開かれた野党6党の会合で、新たな不適切データの存在を明かした。

 データは「2013年度労働時間等総合実態調査」の対象となった87事業所について、一般労働者の残業時間を記入した欄にあった。

 ある労働者の1日の残業時間が「45時間0分」、1カ月では「13時間24分」とされるケースなどがあった。小学生でも簡単に「おかしい」と分かる。聞き取りをした労働基準監督官のミスや集計時の誤入力の可能性があるが、職務への緊張感はないのか。

 「紛失した」としていた調査の原票は、いったん省内を捜したが見つからなかった。データ集計業者が「返却した」と回答したため、再度捜したところ、20日に同省の地下室で見つけたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース