記事詳細

女子大生スマホ自転車運転死亡事故 痛切を極める遺族の告白 (1/2ページ)

 《自転車走行禁止》《自転車の方は降りてください》。飲食店やブティックなど45店舗が並ぶ神奈川県川崎市のショッピングモール「新百合ヶ丘マプレ専門店街」の入り口には、こんな立て看板が設置されている。

 2月中旬の昼下がり、地元住民でにぎわう同商店街を、颯爽と自転車で通り過ぎる若者がいた。

 「やはりいまだにそういう人間がいますか…。危ないし、何よりもやりきれない。私も先日、自転車に乗った若い男性を注意したんだけど、無視されました。家内の死は、何の教訓にもなっていないのか、と。“このバカ野郎”と、そう叫びたい気持ちになります」

 憔悴した様子で語るのは、米澤茂さん(82才・仮名)。昨年12月、同商店街で妻・晶子さん(享年77)を亡くした彼の告白は、痛切を極める。

 事故が起きたのは同月7日午後3時。商店街を歩いていた晶子さんに、1台の電動自転車が衝突した。運転していたのは、20才の女子大生。

 「事故当時、彼女は左手にスマホ、右手に飲み物を持ち、左耳にはイヤホンをしていた。警察の取り調べに、『衝突するまで気づかなかった』と話していますが、そもそも両手が塞がっており、通行人に気づいたとしてもブレーキをかけられる状態ではなかったとみられています」(全国紙記者)

 2月15日、神奈川県警麻生署は、女子大生を重過失致死容疑で横浜地検に書類送検。近く検察が起訴等の処遇を決める。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

関連ニュース