記事詳細

日本初ヴィトン購入者は板垣退助か シリアルナンバーで判明 (1/2ページ)

 日本人の暮らしが一新した明治維新から150年。この明治期は、数々の「日本初」が生まれた。維新の時代に活躍した英傑たちの「日本初」を紹介する。

 ●板垣退助--ルイ・ヴィトンの鞄を日本人で初めて購入

 「板垣死すとも自由は死せず」の名台詞で知られる自由民権運動家・板垣退助が、フランスの高級鞄ブランドであるルイ・ヴィトン社の製品を日本で初めて購入した人物なのではないか、との説が浮上したのは昨年のこと。パリ本店の購入記録によれば、1883年1月9日に「Itagaki」なる人物が同社のトランクを購入しており、そのシリアルナンバーと板垣の子孫が保管していたトランクのタグの番号が同じであることが新たに分かったのだ。

 板垣は、明治15(1882)年11月から翌年6月まで立憲政治の現場を視察するために渡欧している。

 「板垣は渡航先で100冊もの関連文献を購入しています。トランクを購入したのはそのためでしょう」と語るのは、高知市立自由民権記念館の筒井秀一館長。

 これまでルイ・ヴィトンの鞄を初めて購入した人物とされてきたのは、板垣とともに自由民権運動に参画し、視察のための渡欧にも同行した後藤象二郎。後藤が同月30日に購入したとの記録が残されていたからだ。

 なお、板垣や後藤よりもさらに古い購入記録もあるが、現物が見つかっていないため、記録と現物で確認が取れるもののなかで最初の購入者が板垣ということになる。

 板垣の持ち帰ったトランクはスペイン王室御用達モデルだった。蓋の表側に「ITAGAKI」と大きく印字され、内側に装着できる整理用のトレイも残っている。

 ●岩倉具視--国のことを考えて望んだ日本初のがん告知

 明治16(1883)年の初めに、ある青年から父親の容態について相談を受けたドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツは、嚥下困難などの症状から食道がんの疑いがあると診断した。父親とは岩倉具視だった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース