記事詳細

自転車事故 最大9521万円の賠償額も

 事故が起きたのは2月7日午後3時。商店街を歩いていた米澤晶子さん(77才)に、1台の電動自転車が衝突した。運転していたのは、20才の女子大生だった。

 「事故当時、彼女は左手にスマホ、右手に飲み物を持ち、左耳にはイヤホンをしていた。警察の取り調べに、『衝突するまで気づかなかった』と話していますが、そもそも両手が塞がっており、通行人に気づいたとしてもブレーキをかけられる状態ではなかったとみられています」(全国紙記者)

 2月15日、神奈川県警麻生署は、女子大生を重過失致死容疑で横浜地検に書類送検。近く検察が起訴等の処遇を決めた。そして、今回の事故では、加害者の女子大生は「重過失致死罪」の容疑で書類送検された。「重過失致死罪」には、重大な過失により人を死傷させた、という場合に適用されるもので、5年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金が科せられる。

 たかが自転車という軽い気持ちでは済まされない現状がある。これまでの自転車事故の賠償額もそれを物語っている。

 例えば、2013年7月神戸市の住宅街の坂道で、小学5年生の少年が運転する自転車と、通行人の62才女性が衝突し、女性はその後意識が戻らず、寝たきりになったという事故では9521万円の賠償額が求められた。

 また、2008年6月男子高校生の運転する自転車が車道を斜めに横断中、対向車線を直進してきた24才男性の運転する自転車と衝突する事故が起きている。これにより、男性には言語機能喪失などの重大な障害が残った。そして、求められた賠償額は9266万円だった。

 2003年9月にペットボトルを片手に持ちながら自転車を運転していた男性が、横断歩道を歩行中の38才女性と衝突。女性は脳挫傷で3日後に死亡した。この事件では、6779万円の支払いが求められた。

 2007年4月には、信号無視で交差点に進入した男性と、青信号で横断歩道を歩行中だった55才女性が衝突。女性は頭蓋内損傷で11日後に死亡。5438万円の請求がなされる。

 他にも、2014年1月信号無視で交差点を直進した男性が、青信号で横断歩道を歩行中だった75才女性に衝突。女性は脳挫傷で5日後に死亡。4746万円の支払いが求められる。

 2005年9月男子高校生が信号無視で交差点を走行中、62才男性が運転するオートバイと衝突。男性は頭蓋内損傷で13日後に死亡。4043万円の請求がなされた。

 (注:数字は日本損害保険協会資料を基に編集部作成)

 ※女性セブン2018年3月8日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース