記事詳細

韓国外相、国連で慰安婦発言「日韓合意は十分ではない」

 「平和の祭典」が終わったと思ったら、いきなりこれだ-。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、平昌五輪閉幕翌日の26日、ジュネーブで開かれた国連人権理事会で演説し、2015年の日韓合意は元慰安婦救済に十分ではないとしたうえで、「政府は被害者の傷を癒やし、尊厳回復のための手段をとる」と述べた。

 自国の政策なら、どうぞ勝手にやってくれだが、わざわざ国連で話す必要があるのか。

 康氏は演説で「以前(の政権)は被害者中心の取り組みを欠いた」として、文在寅政権では異なる姿勢をとると強調した。

 日韓合意は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認し、国際社会で「互いに非難・批判は控える」と定めているが、これは事実上の合意破りではないのか。

 平昌五輪では、日韓ライバル選手のさわやかな友情が感動を呼んだが、やっぱり「韓国は韓国」だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース