記事詳細

朝日新聞が『ニュース女子』放送終了を報道 過去に社説で批判「あってはならないこと起きた」

 東京MXテレビの情報番組「ニュース女子」が今春、放送を終了すると、同番組を問題視してきた朝日新聞が1日朝刊で報じた。

 ニュース女子は「本音だらけのニュースショー」として、さまざまな問題に切り込んできた。昨年1月には「沖縄緊急調査 マスコミが報道しない真実」と題し、米軍北部訓練場のヘリパッド建設をめぐって先鋭化する反対運動を特集した。

 運動を展開する市民団体は放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害を申し立て、朝日新聞は社説で「事実に基づかず、特定の人々への差別と偏見を生むような番組をテレビでたれ流す。あってはならないことが起きた」と批判していた。

 BPOは番組を「重大な放送倫理違反があった」とする一方、「他のメディアが取り上げない事実や情報を伝えようとする試みは重要だ」と評し、沖縄県民からも「実態を初めて知った」との声も挙がっていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう