記事詳細

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】世界初の地震学会を日本に作った英国人 はじめて体験した“恐怖”胸に刻み (1/2ページ)

 世界で最初に地震学会が作られたのは日本だ。米国地震学会よりも30年以上も早く、1880(明治13)年のことだ。ただし、作ったのは英国人だった。

 その英国人はジョン・ミルン。明治政府が数多く雇った「お雇い外国人」の一人だった。ミルンは鉱山技師として日本に招待されていた。

 早急に西欧に追いつくために、明治時代には、外国人科学者や外国人教師をお雇い外国人として高給を払って日本に招いた。その人数は8000人以上にも及んだ。

 英国は地震がほとんどないところだ。小さな地震が起きれば大ニュースになる。

 ミルンが来日して3年後の1880年2月22日に横浜で地震が起きた。いまからちょうど138年前になる。

 この地震のマグニチュード(M)は5・5と推定されている。震度は4くらいだったと思われる。

 日本人にとっては、それほどの地震ではなかった。被害もいくつかの煙突の破損や、家屋の壁が落ちた程度だった。

 明治時代の文明開化で西洋風の煉瓦(れんが)建築が首都圏で増えてきていた。欧州など地震がない国では、煉瓦造りとは煉瓦をたんに積んだだけの洋風建築だ。それをそのまま真似た日本の洋風住宅や煙突が地震にいかに弱いものであるか、この地震で明らかになったのだ。

 起きたのは深夜1時ごろだったこともあり、横浜に住んでいたミルンたち外国人は肝を潰した。生まれてはじめて体験した地震だったのだ。

 この恐怖を胸に刻み込んだミルンは世界最初の地震学会を作った。当時の会員は117人だったが、日本人の関心は高くはなく日本人は37人しかいなかった。