記事詳細

石垣市長選3つどもえ 陸上自衛隊配備計画の是非が争点に

 任期満了に伴う沖縄県石垣市長選が4日告示され、新人の元市議、宮良操氏(61)と、現職の中山義隆氏(50)、新人の元自民党県議、砂川利勝氏(54)の無所属3人が立候補を届け出た。政府が、南西諸島防衛の一環として進める陸上自衛隊配備計画の是非が争点。11日に投開票される。

 配備を急ぎたい安倍晋三政権が支援する中山氏と、反基地の「オール沖縄」勢力の象徴である翁長雄志知事が推す宮良氏の「代理対決」の様相。砂川氏は自民党本部の立候補見送り要請を振り切って出馬し、保守系分裂の三つどもえとなった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう