記事詳細

「森友」書き換え疑惑で与野党攻防激化か 参院予算委 (2/2ページ)

 これに対し、与党側は、国会提出前の法案審査を厳格化し、理解を求める方針だ。

 自民党の武見敬三参院政審会長は、同番組で「高度な専門的知識や経験を持った方々に、働く時間や働き方を自由に考えてもらえる点で、極めて優れた新しい制度だ」と強調した。

 武見氏は、2018年度予算案が成立する3月下旬以降に、与党内の法案事前審査が本格化するとの見通しを示した。政府・与党が目指す3月中旬の国会提出が、4月以降にずれ込む可能性が出ている。

zakzakの最新情報を受け取ろう