記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】いよいよ本性あらわした中国 トップの気まぐれで憲法改正…北朝鮮より悪質な独裁体制や! (1/2ページ)

 ホレホレ…中国がいよいよ独裁国家の本性あらわしよった…って選挙せん、あの大陸、とっくにファシストの馬脚あらわしとるか。それにしても露骨やのう、自らの国家主席の任期、撤廃しようっちゅうのである。憲法改正までして…選挙も国民投票もなしに、っていうか、ワシびっくりしたわ。

 あの大陸に憲法があったことにや。選挙も司法も正義すらない不毛の暗黒大陸で憲法があったとはのう…もちろん中国共産党の気まぐれでいつでも好きなように、いじれる“安もんケンポー”とはいえや。

 「安倍(晋三)首相ヤメろ」やの「国税庁長官ヒメンしろ」やの財務省や国税庁を取り囲んだプロ市民の皆サマ…確かにお飾りだけの、おべっか出世・亡国官僚なんか、プロ市民にすらビビって表によう出てこんが、中国共産党のトップを辞めさせることは中国国民はおろか、世界中誰もできん。それどころかインターネットで悪口、検索することすら「犯罪」になるのである。

 それにしてもうらやましい。独裁者の気まぐれでいとも簡単にコロッと憲法変えられて。中国べったりの日本のセンセイ方もホンマは知ってて、黙っとるんやろ。中国ちゅうんは北朝鮮みたいに世襲してないだけで、それより悪質な独裁体制やと。毛沢東の農業政策の失敗と文化大革命という名の大虐殺、天安門事件…飢えと殺戮(りく)で消された中国人の方が北朝鮮より、たぶん2ケタは多いと。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう