記事詳細

トランプ大統領は金正恩氏の「10万人抹殺」を止められるのか (1/2ページ)

 米下院のジェリー・コノリー議員(民主党)とマイク・コナウェイ議員(共和党)は6日、北朝鮮の政治犯収容所撤廃を求める決議案を提出した。5月に予定されている金正恩党委員長とトランプ大統領との米朝首脳会談の行方が注目されている今、まさに時宜に適した動きと言える。

 政治犯収容所は、北朝鮮の恐怖政治の象徴だ。

 かつて、政治犯収容所に警備隊員として勤務し、その恐怖の実態を告発し続けている脱北者・安明哲氏によれば、「そこでは人間が想像しうる、ありとあらゆる残酷なことが行われていた」という。まさに、実在する「地獄の一丁目」である。

 (参考記事:赤ん坊は犬のエサに投げ込まれた…北朝鮮「人権侵害」の実態

 国連の北朝鮮人権調査委員会(COI)が2014年2月に発表した最終報告書によれば、北朝鮮には4カ所の政治犯収容所がある。また、教化所に転用されたとの説がある施設がもうひとつあり、8万人から12万人の政治犯が収容されていると見られている。

 実は1990年代には、北朝鮮には10カ所以上の政治犯収容所の存在が指摘されていた。また、収容者の数も20万人以上とされていた。とくに、1993年のフルンゼ軍事大学同窓会によるクーデター未遂や、1995年の6軍団クーデター未遂が「血の粛清」に遭った際には、その容疑者の一族郎党が連日千人単位で送られ、収容者が大きく増えたという。

 (参考記事:同窓会を襲った「血の粛清」…北朝鮮の「フルンゼ軍事大学留学組」事件

 それが今や、施設の数は4~5カ所に減り、収容者も半減したのだから、「多少なりとも改善しているのではないか。金正恩党委員長は、収容所を縮小していくのではないか」と思えるかもしれない。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース