記事詳細

慰安婦像設置の公園で『桜祭り』…在住日本人「放置したら捏造の歴史が定着する」 なでしこアクション・山本優美子氏寄稿 (1/2ページ)

 ジョージア州アトランタ近郊にあるブルックヘブン市の公園に昨年6月、慰安婦像が設置された。韓国系団体が働きかけたもので、碑文には事実無根の「反日」文章が記されていた。国連などで、朝日新聞が広めた「慰安婦問題のウソ」を修正する活動を続けている、「なでしこアクション」代表の山本優美子氏が、同公園で開催された「桜祭り」を訪ね、夕刊フジに寄稿した。

 日本は桜の季節だが、米国各地でも桜祭りが開催されている。慰安婦像が建てられたブルックヘブン市の公園も、その1つだ。

 碑文には、「日本帝国陸軍に奴隷にされた慰安婦」「推定数十万人」「大半は第二次世界大戦中に殺された」「拉致された平均16歳の少女」などと、あり得ない記述が刻まれている。ここで、日本を象徴する「桜祭り」が開催されるなんて、悪い冗談だ。

 私は25日、同市の「桜祭り」を訪ねた。雨上がりの冬のような寒い日で、午後になっても人出はまばらだった。桜の木は数えるほどだが、沿道には祭りの看板やバナーが立ち並び、シャトルバスも運行して同市としては力を入れていた。

 慰安婦像は、屋台コーナーや野外コンサート場、遊歩道などに囲まれた場所にあった。周りの景色にそぐわない、異物のような感じがした。

 遊歩道を歩く人の中には、不思議そうに像を眺めて、碑文を読もうとする人もいた。ただ、文字は小さく、文章も長いため、すぐ理解できる人はまずいないだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース