記事詳細

トランプ×金正恩 いざ会ってみたら意気投合する可能性あり

 「いいだろう、会おうじゃないか」--ホワイトハウスを訪れた韓国の大統領府国家保安室長から北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の“直接対話”を望む意向を聞いたトランプ米大統領は、そう即答した。

 史上初の米朝首脳会談が5月末までに実現しようとしている。ついこの間まで米朝は、かつてない緊張関係にあるはずだった。

 昨年9月、国連総会の演説でトランプ氏が「“ロケットマン”は自滅の道を突き進んでいる」と警告すると、正恩氏は「狂った老いぼれ」(同30日・朝鮮中央通信)と反撃。トランプ氏は「彼のことを一度も『ちびでデブ』と呼んでないのに」とツイッターで発信するなど、“外交マナー”の欠片もない言葉で罵り合いを続けてきた。

 1月には、正恩氏が年頭の辞で「核のボタンが私の机の上に常にある」と威嚇すると、トランプ氏は「私の核のボタンの方がはるかに大きく、強力だ」と対抗していた。そんな2人が急転、電撃会談を行なうと、意外な展開があり得るのだという。

 ◆「親近感を抱くはず」

 「直接会って話をすると、互いに一脈通じるところがあると、親近感を抱くかもしれません」

 そう話すのは『父・金正日と私 金正男独占告白』などの著書がある東京新聞論説委員でジャーナリストの五味洋治氏だ。

 「2人とも猜疑心が強く、部下に対しては突然の解任や粛清という人事手法を取るところが共通しています。いつ裏切られるかわからないという不安感から側近をほとんどつくらない。結果、トランプ氏は娘のイバンカ氏、金正恩氏は妹の与正氏と、肉親を誰より重用しています」(五味氏)

 トランプ氏は就任以来、相次いで閣僚を更迭してきた。3月にはレックス・ティラーソン国務長官を解任、マイク・ポンペオCIA長官を後任に指名。対北強硬派のポンペオ氏だが、米朝首脳会談の事前交渉にあたっていると報じられた。

 正恩氏も次々と側近を粛清してきた。ナンバー2とみられていた叔父の張成沢氏(国防副委員長=当時)を2013年12月に銃殺処刑。その粛清を主導させた秘密警察トップの金元弘・国家保衛相も昨年1月に解任している。

 正恩氏と交流があり、トランプ氏ともテレビで共演したことがある元NBA選手のデニス・ロッドマン氏は2人について、「似た者同士」(仏AFP通信、2017年12月13日付)と答えている。

 秋に中間選挙を控え政権浮揚を急ぐトランプ氏に対し、正恩氏は核ミサイル開発を進める時間を稼ぐのが狙いとされる。しかし、前出・五味氏はこう見る。

 「内政が行き詰まっていて、国民の目を外交成果に向けたいという強い思惑が共通している。だからこそ、米朝会談が実現しつつあるわけです。

 いざ会ってみると、意気投合してしまう可能性は十分あります。トランプ氏は、中国の習近平・国家主席の時も対中批判を繰り返しながら、いざ会談をしたら、巨額の貿易契約という“ディール”を結んだ。

 トランプ氏がビジネスマン感覚の交渉術を発揮し、米国への警戒心だけで生きてきた正恩氏を懐柔すれば、協議は思いがけない進展をみせることも考えられます」

 ※週刊ポスト2018年4月6日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース