記事詳細

民進党、新党構想「壊し屋」小沢氏の参加で混乱か

 民進党の大塚耕平代表の政治センスが問われそうだ。1日の党全国幹事会で、新党結成構想について了承を得たが、党内外の反応は厳しいうえ、「壊し屋」こと自由党の小沢一郎代表にも合流を打診するというのだ。永田町の「小沢アレルギー」は強烈で、大願成就は簡単ではない。

 「新党がすぐに国民に受け入れられ、支持率が上がるという甘い考えは持っていない」「(小沢氏にも合流を)呼びかける方向で考えている」

 大塚氏は1日、記者団にこう語った。

 ただ、野党第1党である立憲民主党の枝野幸男代表は3月31日、「離合集散にくみするつもりはない」と明言。新党が実現しても、民進党と希望の党を軸とした再編にとどまる公算が大きい。

 加えて、小沢氏については、与野党ともに「民主党時代の独裁的政治手法」への反発が根強い。「立憲不参加、小沢氏参加」という新党には加わらない議員も出てきそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース