記事詳細

日米首脳会談、北朝鮮非核化へ連携 米朝会談では拉致問題も

 訪米中の安倍晋三首相は17日午後(日本時間18日午前)、フロリダ州パームビーチでトランプ米大統領と会談した。6月上旬までの開催が見込まれる米朝首脳会談を見据え、北朝鮮の非核化に向けた緊密連携を確認。核放棄実現まで最大限の圧力を維持する方針も申し合わせる。首相は、日本人拉致問題の解決を米朝首脳会談で提起するよう要請、トランプ氏も会談で取り上げる意向を示した。

 会談で首相は「北朝鮮問題と経済問題について話をしたい」と表明。「完全かつ検証可能で不可逆的な方法での核・ミサイル開発放棄に向けてトランプ氏と認識を共有したい」と述べた。また米朝首脳会談に関しては「核・ミサイル、拉致問題が解決に向かって進んでいく歴史的な会談となることを期待している」と述べた。

 トランプ氏は米朝首脳会談の開催候補地として、5カ所が検討されていると言及。うまくいけば6月上旬までに開かれるが、うまくいかずに会談が開かれない可能性もあるとの考えを示した。

 首相は17日午後にパームビーチに到着。翌18日にもトランプ氏と会談するほか、ゴルフをプレーする。日本時間20日午後に帰国する。(共同)

zakzakの最新情報を受け取ろう