記事詳細

「麻生大臣は普通の会社ならクビ」辻元氏の発言が大炎上 左派野党にブーメラン「無断欠勤したあなたこそ…」

 立憲民主党の辻元清美国対委員長に、ブーメランが直撃した。辞任要求に応じない麻生太郎副総理兼財務相を「普通の会社ならクビ」と言ってのけたが、ネット上では「(18連休と)サボりまくった野党は全員懲戒解雇では」などと大炎上しているのだ。左派野党は「官僚イジメ」と批判されている合同ヒアリングのあり方を見直すと伝えられ、守勢が際立っている。

 辻元氏の「炎上発言」は9日、日本維新の会を除く野党国対委員長の会談後に、飛び出した。財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題や、前財務事務次官のセクハラ疑惑をめぐる麻生氏の発言を念頭に、こう述べた。

 「麻生氏は、自分の置かれている立場や財務省への厳しい声を理解しておらず、ご自身の名誉のためにも身を引かれた方がいい。普通の会社ならクビだ」

 しかし、ネット上では、大型連休をまたぐ18連休の「職場放棄」を強行した立憲民主党などに対し、「無断欠勤したあなたこそ、即クビ」「給料泥棒」などと逆風が吹き荒れている。至極当然だ。

 一方、時事通信によると、辻元氏と国民民主党の泉健太国対委員長は、合同ヒアリングのあり方を見直す考えで一致したという。

 公開の場で、中央省庁の幹部を怒鳴りあげ、畏怖させる手法は、「官僚イジメ」「パワハラ」との批判が出ていた。野党内でイメージ悪化を危惧する声もあり、辻元氏は「反省点もある」と述べた。

 だが、9日の加計学園問題に関するヒアリングでは、政府側の回答に納得しない議員が一時、ヒートアップしたという。

 まったく懲りない人たちだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース