記事詳細

北を利する国会議員「間違いなくいる」、自民・萩生田光一氏が拉致問題激白 (1/2ページ)

 自民党の萩生田光一幹事長代行が17日、インターネット番組「真相深入り! 虎ノ門ニュース」に生出演し、北朝鮮問題について激白した。北朝鮮を利する国会議員の存在を明言し、左派野党やメディアを批判。拉致問題解決に向けて、在日朝鮮人を念頭に「この国で生活する意思があれば、『拉致問題の解決なくして、日本人と融和できない』と肌で感じている。声を上げてもらいたい」と呼びかけた。

 この日は、夕刊フジの人気連載「以毒制毒」(木曜掲載)を担当する、ジャーナリストの有本香氏が番組コメンテーターを務めた。

 ゲストの萩生田氏は6月12日の米朝首脳会談を見据え、拉致問題について「最終局面、ラストチャンスだ」と語り、完全解決に期待を示した。

 北朝鮮に「最大限の圧力」をかけ続けている米国の関係者から、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の現状が「よく話題に出る」として、次のように強調した。

 「制裁の矛先として『(朝鮮)総連は、どうなのか?』という話題になる。総連の次世代のリーダーたちは、朝鮮民族のプライドはあるだろうが、日本の事情を誰よりも知っている。その世代の人たちが(拉致問題解決に)声を上げてほしいし、現に上げつつある人たちもいる」

 話題は、総連傘下にある朝鮮学校への補助金支出問題にも及んだ。

 萩生田氏は、「『政治介入はよくない』というが、日本国民の税金を出した学校で、反日教育が行われている。各自治体が補助金の見直しをしている。一連の北朝鮮の対応によっては、動き出すことは否定できない」と問題視した。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース