記事詳細

【スクープ最前線】米韓首脳会談を前に韓国“孤立化” 世界の脱北者が文大統領を糾弾! 米当局関係者「韓国は用済みだ」 (1/2ページ)

 米朝首脳会談(6月12日)を見据えて、米国と北朝鮮が激しい条件闘争を展開している。ドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮に「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)を突き付け、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は「時間稼ぎ」を狙う。こうしたなか、脱北者グループが米国で「北朝鮮亡命政府」を創立した。注目すべき綱領と緊急声明とは。日米が結束する拉致問題解決と、米韓首脳会談(22日)前に孤立化した韓国。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情勢に迫った。

 「(北朝鮮が)正しい道を進めば明るい道が待っている。そのためにも拉致問題の早期解決が不可欠だ。米朝首脳会談は絶好の機会だ」

 安倍晋三首相は19日、「太平洋・島サミット」閉幕後の記者発表で、厳しい表情でこう語った。まったくその通りだ。

 私(加賀)は、前回の連載(7日発行)で、以下の報告をした。

 「米国は『2020年末までに、核兵器や生物・化学兵器といった大量破壊兵器の完全廃棄か、開戦か』を迫り、北朝鮮は廃棄を承諾した」

 「トランプ氏は新たに『日本人拉致被害者全員の即刻帰国』を突き付けた。盟友・安倍首相との約束だ。だが、北朝鮮は『解決済みだ』とシラを切っている」

 ふざけるな! 北朝鮮の暴挙は許せない。横田めぐみさん=拉致当時(13)=ら、被害者全員を奪還しなければならない。

 米国は、北朝鮮の人権侵害を重視している。トランプ氏は1月の一般教書演説で、脱北者が受けた残虐非道を訴え、2月には脱北者6人をホワイトハウスに招いた。

 実は、世界の脱北者(15万人以上)の有志が4月末、米カリフォルニア州で「北朝鮮亡命政府」を命がけで創立した。以下、この時に宣言された綱領だ。