記事詳細

6月7日に日米首脳会談開催 日朝外相会談は8月初旬か

 安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ米大統領が6月7日、米ワシントンで会談する。同月12日予定の米朝首脳会談をにらみ、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」に向け、日米の緊密な連携を確認する方針だ。安倍首相は、日本人拉致問題の解決を訴えるよう、トランプ氏に重ねて要請する。

 日米首脳は会談で、北朝鮮による「大量破壊兵器の恒久的廃棄」に向け、具体的行動の重要性を訴える。両首脳は会談後、8~9日にカナダで開かれるG7(先進7カ国)首脳会議に出席する予定。

 日本政府は、米朝首脳会談で北朝鮮の核問題が進展した場合、日朝外相会談を8月初旬にシンガポールでの国際会議に合わせて開く方針を固めた。すでに北朝鮮側に打診したとみられる。

 日本人拉致問題を議題に日朝協議を前進させ、「大量破壊兵器の廃棄」との包括的解決を目指す。

zakzakの最新情報を受け取ろう