記事詳細

東京高裁が再審開始決定取り消し 袴田巌元被告の第2次再審請求 (1/2ページ)

 昭和41年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で一家4人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、55年に死刑が確定した元プロボクサー、袴田巌元被告(82)の第2次再審請求即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、「DNA型の鑑定結果を信用できるとした地裁の判断は不合理」として再審開始を認めない決定をした。検察側の即時抗告を認め、平成26年3月の静岡地裁の再審開始決定を取り消した。刑と拘置の執行停止は取り消さなかった。弁護側は最高裁に特別抗告する方針。

 地裁が刑と拘置の執行停止も認めたため、袴田元被告は約48年ぶりに釈放されていた。再収監はされない。姉の秀子さん(85)は「残念です。次に向かって進みます」と話した。

 犯行着衣とされた5点の衣類のうち半袖シャツに付着した血痕が「袴田さんの血痕ではない」とするDNA型鑑定に用いられた新手法の有効性が最大の焦点だった。

 大島裁判長は「この手法の科学的原理や有用性には深刻な疑問が存在しているにもかかわらず、地裁決定は過大評価している」と指摘。「鑑定結果は信用でない」とした上で、5点の衣類が犯行着衣で、袴田元被告のものであるとした確定判決は「新旧証拠を総合評価しても、不合理な点はない」とした。

zakzakの最新情報を受け取ろう