記事詳細

「トランプ氏、正恩氏に泣きつかれたのでは」 百田尚樹氏が読み解く米朝首脳会談 (1/2ページ)

 米朝両首脳が12日に署名した共同声明は、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を明記せず、玉虫色で決着した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に「体制の保証」を確約したが、大丈夫なのか。作家の百田尚樹氏が歴史的会談の深層を読み解いた。

 「首脳会談までに、米朝双方は水面下で相当すり合わせをしている。正恩氏は、米国の要求を理解したうえで、シンガポールまで出てきた。この時点で、勝負あった」

 百田氏はこう語り、北朝鮮による「核廃棄」の道筋は、首脳会談でほぼ固まったとの見方を示した。

 ただ、共同声明に日米が求めてきたCVIDの文字はない。ドナルド・トランプ米大統領が、正恩氏を「繁栄の時代を導くリーダーになり得る」などと持ち上げたこともあり、北朝鮮に取り込まれた、との不安は残る。

 百田氏は「リップサービスでしょ」と一蹴し、続けた。

 「トランプ氏が譲歩させられたとすれば、あそこまでお世辞は言わないはず。正恩氏から『踏み込んだ声明になったら、ワシ、国に帰られへん』と泣きつかれたんと違うか。米国が主導権を握ったからこそ、正恩氏の顔を立てたとみる」

 日本にとって最重要課題である拉致問題について、トランプ氏は、首脳会談で提起したことを明らかにした。

zakzakの最新情報を受け取ろう