記事詳細

ドン・ファン50億円遺産相続「妻vs兄弟vs従業員vs市」か (1/3ページ)

 死因が「急性覚醒剤中毒」と特定されたことで、一気に殺人事件の疑いが濃くなった“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏(享年77)の死。55歳年下の妻や家政婦の自宅にまで捜査は及んだが、事件は長期化の様相を見せている。同時に混迷しているのが、50億円といわれる遺産相続の問題だ。

 妻・Sさん(22)は、野崎氏の葬儀後にしばらく東京に帰った後、6月11日に和歌山県田辺市に戻ってきた。野崎氏が経営していた会社の関係者が明かす。

 「夜の11時頃、2人の弁護士と一緒に自宅に入っていきました。それからずっと長い時間、話し合いをしていたようです。Sは葬儀後は“夫の墓なんて知らない”、“早く東京に帰りたい”とこぼしていた。弁護士と共に戻ってきたのは、(野崎氏の資産を確認しやすい)自宅で相続のことを話し合うためではないかと見られています」(野崎氏の会社関係者)

 野崎氏の資産は、現金や不動産、絵画などを含めておよそ50億円にのぼるといわれる。離婚した前妻、前々妻との間に子はいない。野崎氏の親族によれば、相続人はSさんと野崎氏の4人のきょうだいになる。

 「おそらく遺言はないので法定相続の規定を当てはめれば、Sさんが遺産の4分の3を、残り4分の1を4人のきょうだいで分割することになる。すでに亡くなっているきょうだいについては、その子が相続権を受け継ぐことになります。生命保険金と異なり、被相続人の死に不審点や事件性があったとしても、相続手続きは始められます」(相続に詳しい弁護士)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース