記事詳細

文在寅大統領が韓国建国を1919年に変更する理由 (1/2ページ)

 筆者(黒田勝弘)が住んでいるソウルの学生街である西江大学前あたりの地名は、以前は麻浦区「老姑山洞(ノコサンドン)」といったが今は「白凡路(パクポンノ)」といっている。近年の行政区画改称で昔からの「洞」がなくなり「路」が導入され、地名まで変わってしまったのだ。

 以前の「老姑山」は西江大の裏山の名前で由緒があった。現在の「白凡」は日本統治時代の抗日活動家・金九(キムグ、1876-1949)の号だが、麻浦区に隣接する龍山区に彼の記念館があるため、そこにいたる一帯をそんな地名にしてしまったのだ。

 日本支配から解放されて今年で73年。それでも“抗日英雄”の名前をソウルの新たな地名にもってくるあたり、今なお日本を意識した“愛国事業”が続いているのだ。旧名に馴染んだ地元住民にとってはいい迷惑だが、住民も行政当局は愛国ポピュリズムには表向き反対はできない。在韓日本人には疲労感の対象である。

 金九は韓国の近・現代政治史で人気の人物だ。歴代大統領をはじめ有力政治家のほとんどが「私の尊敬する人物」に挙げる。日本支配に抵抗し、1919年に上海にできた亡命政府「大韓民国臨時政府」の首脳であり、数多くの抗日テロ事件の首謀者として知られる。

 日本支配が終わった1945年の秋に帰国して、米国から帰国した李承晩らとともに韓国政局の主役の一人になる。北に出かけて、ソ連の支持で北朝鮮を支配した金日成とも会い“南北協商”を試みるが失敗。左右乱立の政局混迷の中で1949年、政敵によって暗殺される。

 解放前は抗日独立闘争の英雄で、解放後は南北統一を目指し、志半ばで非業の死を遂げたとあって人気は高まった。金日成が北朝鮮で左翼民族主義の英雄として祭り上げられていたため、それに対抗する意味で大いにもてはやされることになった。

NEWSポストセブン

関連ニュース