記事詳細

芥川賞候補“盗作”騒動 講談社VS新潮社の「大いなる」泥仕合に 当初は“大人の解決”方向も… (1/2ページ)

 18日に選考会が行われる芥川賞の候補作をめぐり、大手出版社同士がモメにモメている。講談社の文芸誌に掲載された北条裕子氏(32)の『美しい顔』に参考文献の記載がなかったことをきっかけに、自社のノンフィクション作品の描写を無断で使われた新潮社とのバトルに発展。当初は“大人の解決”の方向の両社だったが、大いなる泥仕合となった。

 『美しい顔』は東日本大震災で母を亡くした17歳の少女を主人公とし、取材に来る記者らとの関わりを通して変化する内面を描いた作品。講談社主催の第61回群像新人文学賞を受賞し、5月発売の「群像」6月号に掲載され、6月18日付で芥川賞候補作となった。

 しかし、作品中に石井光太氏のノンフィクション『遺体 震災、津波の果てに』(新潮社)や、金菱清氏(東北学院大学教授)が編集した『3・11 慟哭の記録 71人が体感した大津波・原発・巨大地震』(新曜社)など5作品との類似点があることが分かった。

 遺体安置所の場面では、石井氏の『遺体』には《二十体以上の遺体が蓑虫のように毛布にくるまれ一列に並んでいた》(文庫版35ページ)、《うっすらと潮と下水のまじった悪臭が漂う》(同)という表現があるが、『美しい顔』には《すべてがミノ虫みたいになって》(40ページ)、《うっすらと潮と下水のまじった悪臭が流れてくる》(同)と似た描写が出てくる。

関連ニュース