記事詳細

日大・田中理事長が仰天発言「半年後、内田を戻す」 日大アメフト部は新監督就任で再生なるか

 日本大学アメフト部の悪質タックル問題をめぐり、大学の権力構造の頂点に立つ田中英寿理事長(71)から仰天発言だ。アメフト部監督や大学の役職を辞任した内田正人氏(62)について、「半年たったら戻す」と述べたというのだ。

 16日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」が報じた。田中理事長の発言があったのは、内田氏がアメフト部だけでなく日大の要職も外されてから数日がたった6月11日。田中理事長は、複数人の日大職員との会合で「半年たったら内田を戻す」と自身の思惑を打ち明けたという。

 スポーツライターの小林信也氏は「『このやり方でここまでやってきたんだ』という自信があってこその発言だろう」と指摘する。「内田氏も世間の反応に対して、やむを得ず監督辞任などの処分を受け入れてきたのであって、当然本意ではない。合意の上での発言ではないか。内田氏が戻るとすれば、アメフト部ではなく大学組織の内部だろう」とみる。

 肝心の日大アメフト部の後任監督人事をめぐっては、17日付の朝日新聞が元立命館大学コーチの橋詰功氏(54)が内定したと報じた。橋詰氏は、立命館大OBで1994年に同大コーチに就任してからは、2003年、04年と日本選手権(ライスボウル)連覇に貢献した実績を持つ。

 前出の小林氏は「元京大監督の水野弥一氏が有力視されていたが、高齢という点や指導体質が古いという懸念から適任ではないと判断されたのだろう。米国から監督を呼ぶという話もあったが、部員からの反応がよくなかったようだ。消去法で残った『若い日本人監督』の中で、ある程度の実績も残し、公募条件を満たす橋詰氏に白羽の矢が立ったのではないか」と解説する。

 秋のシーズンに向け、日大アメフト部の再生は実現するのか。

関連ニュース