記事詳細

自民・杉田氏の「生産性」発言に野党猛批判 国民・玉木代表「ナチスの優生思想に通じる問題だ」

 国民民主党の玉木雄一郎共同代表は24日の記者会見で、性的少数者(LGBT)への行政支援に対する疑問を月刊誌に寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員について、「ナチスの優生思想(=劣悪な遺伝的素質を排除する思想)にも通じる問題だ。悩んでいる当事者には耐えがたいもので許すことはできない」と強く批判した。

 立憲民主党の山内康一国対委員長代理は「子どもを産まない人間は価値がないみたいな言い方で、言語道断だ」と国会内で記者団に語った。

 一方、自民党の二階俊博幹事長は同日の記者会見で「党は右から左まで各方面の人が集まって成り立っている。人それぞれ、政治的立場はもとより人生観もいろいろある」と述べ、静観する構えを見せた。

関連ニュース