記事詳細

韓国大統領府“異常”掲示板また大炎上 人民裁判の舞台に…イ・ビョンホンのドラマに「親日」批判殺到、平昌五輪では選手に土下座させ (1/2ページ)

 韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権が大統領府のホームページ(HP)に設けた「国民請願掲示板」が再び大炎上している。やり玉に挙がったのは7月に始まった韓国ドラマ。親日的な描写があるとして批判が殺到した。過去には五輪選手への非難が寄せられて物議を醸したが、気にくわない人物らを匿名で非難できる掲示板を国家が設けているというのは、常軌を逸している。

 《人気の韓国ドラマ、親日美化などで歴史わい曲問題》

 韓国紙、中央日報(日本語版)は17日、こんな見出しの記事を掲載した。

 問題となっているのは、7日から始まったドラマ「ミスター・サンシャイン」。日本でも人気の俳優、イ・ビョンホン(48)が主演し、1900年前後の朝鮮を描いている作品だ。13日には親日的な部分があるとの指摘を受け、制作サイドが謝罪して内容を修正することが発表された。

 中央日報の記事によると、国民請願掲示板に16日、ドラマを問題視する請願が書き込まれ、7000人以上が賛同した。投稿は次のような内容だと紹介されている。

 「ドラマ『ミスター・サンシャイン』のような歴史わい曲ドラマ/映画に対して強力に措置を講じてください」「『ミスター・サンシャイン』は被害国(朝鮮)と加害国(日本)の立場が妙に入れ替わっている」「朝鮮の文化が『未開』だという演出が続いていくものとみられる」

 番組内容に関する不満なら放送局に訴えればいいと思うのだが、政府に寄せられ、しかも政府に「措置」まで求めるというのだからすさまじい。

関連ニュース