記事詳細

韓国の若者“就職難”で文政権に見切り…困ったときの日本頼み!? 日本企業へ就職ブーム、韓国政財界も後押し (1/3ページ)

 若者の就職難に苦しむ韓国で、日本への就職ブームが起きている。韓国人留学生らの日本での就職者数は昨年、2万人を突破し、韓国では日本企業の就職説明会が開かれ、政府や財界が後押しする動きもある。背景には、文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済政策の失敗で低迷する雇用状況があるとみられる。歴史問題で「反日」傾向の強い文政権だが、困ったときは「アベノミクス」で雇用が好調な日本頼み。節操のなさを指摘する声も上がっている。

 《「人生のリセット狙う」…学閥・資格ではなく可能性重視の日本就職が韓国でブーム》

 韓国紙、中央日報(日本語版)は8月29日、こんな見出しの記事を報じた。

 記事では、韓国産業人材公団が昨年にあっせんした海外就業者5118人のうち、日本で職場を探す人が1427人で最多だったことを紹介。釜山で8月に開かれた「日本合同就職博覧会」の様子について、「国内雇用市場が冷え込むほど熱くなる日本就職の熱気を目の当たりにできる現場だった」と伝えた。

 日本側の統計でも、韓国人の日本就職は増えている。法務省の統計によると、昨年末時点で、大学での専攻などを生かして業務にあたる「技術・人文知識・国際業務」ビザを取得した韓国人は2万1603人。前年比で約14%増加した。外国人留学生が日本の大学を受験する際に利用する「日本留学試験」の受験者数は3669人(6月実施分)に上り、過去5年間で3倍に増えた。

関連ニュース