記事詳細

北海道地震、迫る「72時間」 死者20人

 北海道は8日、最大震度7を記録した地震で、大規模な土砂崩れがあった厚真町で安否不明だった19人のうち10人が新たに捜索現場から見つかり、死者が20人、心肺停止は11人となったと発表した。発生から3日目となったが、同町では依然8人が安否不明。災害現場で生存率が下がる目安とされる「発生後72時間」が9日未明に迫り、自衛隊や消防、警察などは捜索に全力を挙げた。

 北海道電力は8日朝、道内全域への送電を再開。道内の停電は8日正午現在、約1万600戸に減少した。新千歳空港では同日朝、国際線の運航が再開された。