記事詳細

清水健太郎「俺の所に来い!」 三田佳子次男の覚醒剤事件、クスリ“やめられない理由”熱く語る

 女優、三田佳子(76)の次男、高橋祐也容疑者(38)が覚醒剤使用で4度目の逮捕となった事件で、過去に薬物で6度の逮捕歴がある俳優の清水健太郎(65)が12日、TBS系「ビビット」にVTR出演し、クスリを“やめられない理由”を熱く語った。

 清水自身も1983年以降、大麻や覚醒剤の所持や使用で6回逮捕された。ベージュのスリーピースに扇子を持った清水は「ういっす」と第一声。高橋容疑者の逮捕に「しゃあないやろね。3回あることは4回あるよ」と述べ、「絶対立ち直れるから。俺の所に来い!」と活を入れた。

 自身の経験から「みんなやめる意思は固い。俺もそうやった。その隙間、クラックにスーッと入ってくるのが覚醒剤」と覚醒剤は心の弱さにつけ込んでくる危険性を指摘し「疲労がポン!ですわ。僕は元気になった」と振り返る。

 そして「『やってられんわ』というときに昔の仲間から電話かかってきて…。やってられんときに酒飲むでしょ。それと一緒ですよ」とも。記者から「今はどうか」と聞かれると、じっと見返して「なんか疑っているの?」とすごむ場面も。

 「愛する者とか守るべき者がなかったんだと思う。(妻に)立ち直らせてもらって本当ににありがたいと思っている」と話し、「お母さんもそう。お父さんもそう。友達もそう。支えていかな。目で見張っておかな。まだ(高橋容疑者には支えている気持ちが)伝わってないんですよ」と周囲の支援の必要性を語った。