記事詳細

進次郎氏、父の仇敵“小沢氏潰し”で真価!? 「負けられない決戦」沖縄県知事選での活動が処遇に影響 (1/3ページ)

 安倍晋三首相(64)が「連続3選」を決めた自民党総裁選のウラで、沖縄県知事選(30日投開票)の与野党対決が激化している。勝敗の行方は、安倍首相の政権運営や日米関係をも左右するのだ。こうしたなか、総裁選での言動について「自己保身」「投票表明が遅すぎる」「張り子の虎」といった批判が噴出している小泉進次郎筆頭副幹事長(37)の動きが注目される。国民的人気は高いが、政治家としての実績に乏しいだけに、今後も一定の評価を得るには「今年最大の負けられない沖縄決戦」での活躍が不可欠なのだ。父、純一郎元首相(76)の仇敵、自由党の小沢一郎代表(76)に引導を渡せるのか。

 「人との違いを強みに変えられるかが大事だ。違う声を強みに変える自民党でなければならないと思った」

 進次郎氏は20日午後の総裁選後、石破茂元幹事長(61)に投票した真意について、記者団にこう語った。

 さらに、安倍首相に対して、「政治家として腹の底からやりたいこと、思っていることを完全燃焼していただきたい。党内で違う声やさまざまな声があっても、それを強みに変えていただきたい」と求めた。

 政界の先輩たちに、やや不遜な態度ではないか。

 投票直前まで態度を表明しなかったのは、両陣営に気を使った政界遊泳術だろう。ただ、石破氏陣営からは「もっと早く表明してくれれば…。本気の石破氏支持ではなかった」と不満が漏れる一方、安倍首相陣営からも「権力闘争である総裁選で、双方にいい顔とは自己保身だ」との批判が聞かれる。

関連ニュース