記事詳細

永田町に流れる“貴親方参院選出馬プラン” 与野党の争奪戦勃発か (1/2ページ)

 大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=の電撃退職会見を受け、永田町で「政界進出」の観測が流れている。「平成の大横綱」として国民的人気があり、日本相撲協会との対立を恐れず、愚直に改革を訴えた「一匹狼」は、来年夏の参院選などで目玉候補になる可能性もある。角界のサラブレッドをめぐり、与野党の争奪戦が勃発するのか。

 「昔から言っているんだけど、『国会議員でもやれよ』と。『外から改革するのも可能じゃないか』と言ったら、笑っていた」

 元関脇貴闘力は26日朝、TBS系「あさチャン!」に生出演した際、こう話し、貴乃花親方に国会議員への転身を勧めていたことを明かした。

 貴乃花親方は、政界と無縁ではない。

 2001年5月の夏場所千秋楽で、右ひざを脱臼しながら横綱武蔵丸との優勝決定戦を制し、表彰式で、当時の小泉純一郎首相から「痛みに耐えて、よく頑張った。感動した!」と激賞された。

 現役引退後は、親方として「相撲道」に精進する一方、暴力やパワハラ、なれ合いが残る相撲界を改革しようと、活動してきた。志半ばで協会を去ることになったが、日本の武道界やスポーツ界には同様の古い体質が残っている。参院選を機に政治家に転身し、角界の外からスポーツ界の改革に取り組む可能性について、与野党はどうみるか。

関連ニュース