記事詳細

トランプ大統領、暴走加速でマティス氏「更迭」!? “重し”なくなり米中軍事衝突の恐れも (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領が、ジェームズ・マティス国防長官を「更迭」する可能性が高まってきた。14日放送されたCBSのインタビューで、トランプ氏は「マティス氏は、民主党員のようなところがある」と酷評し、政権を離れる可能性を否定しなかったのだ。超タカ派が顔をそろえるトランプ政権で、元海兵隊大将のマティス氏は「ブレーキ役」といわれ、2人の関係悪化が伝えられていた。米中間では貿易戦争だけでなく、軍事的緊張も強まっている。国防長官の更迭・辞任が現実となれば、「戦争リスク」が高まる恐れもありそうだ。

 「彼は政権を去るかもしれない。みんな、いつかはいなくなる。それがワシントンだ」

 トランプ氏は14日に放送されたCBSの番組「60ミニッツ」のインタビューで、マティス氏についてこう語った。

 インタビューで、トランプ氏は「私は彼と、とてもいい関係にある。2日前も、彼と一緒にランチを取った」とマティス氏との不仲説を否定したが、次のような決定的な一言を放った。

 「彼は民主党員のようなところがある」

 日本に例えるなら、安倍晋三首相(自民党)が、岩屋毅(たけし)防衛相について、メディアで「彼は立憲民主党員のようだ」と評するのに等しい。尋常ではない。トランプ氏とマティス氏の間に、埋まりきらない「溝」があることがうかがえた。

関連ニュース