記事詳細

話題沸騰!百田尚樹氏の新著『日本国紀』が発売 「自虐史観の歴史教育に不満があった」「日本にも韓国を増長させた原因がある」 (1/2ページ)

 『永遠の0(ゼロ)』や『海賊とよばれた男』など、数々のベストセラーで知られる人気作家、百田尚樹氏の新刊『日本国紀』(幻冬舎)が12日、発売された。予約段階でネット書店のランキング1位を独走するなど、話題沸騰だ。百田氏に執筆理由や手応えとともに、韓国最高裁による自称「元徴用工」の異常判決についても聞いた。

 「(予約した人は)まったく内容を知らないのに、こんなに予約が殺到するとは…。私は夕刊フジなど複数のメディアでいろいろ発言してきました。そんな『百田尚樹が書く日本の歴史』への期待なんでしょうかね。喜びとプレッシャーを感じています」

 百田氏はこう語った。同作は、縄文時代から平成まで、約500ページにわたって書き下ろした日本通史だ。

 執筆の動機は何か。

 「以前から、日本の歴史教育には不満があったのですが、昨年、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏と対談し、目が覚めました。ケント氏は『米国の歴史教育で学ぶと、子供たちは米国を好きになる』と言った。本来、歴史教育とは、その国に生まれたことに誇りを持ち、先人を尊敬できる内容であるべきです。なぜ、そんな教科書が日本にないのかと思ったとき、『自分で書けばいいんだ!』と気付いたのです」

関連ニュース